夢と現実、光と影。自分の人生に光を当てるということ。

教育とはなんなのだろうか?

親から子へ教えられることとは一体なんだろうか?

もちろん学校で教わる勉強も大切だと思う。

貨幣中心の世の中を生きるための算数。

円滑なコミュニケーションのための国語や英語

先人の知恵を学ぶための社会や歴史。

豊かな発想を育むための理科などなど。

一方で、親として子どもに教えてあげたいことは「世界は広い」ということ。

そしていくつになっても「夢があふれる世界」が存在すること。

大人になればきっと誰もが、あれやこれやと小さなことに悩む日々が訪れる。

生活するために日々駆けずり回り、現実という壁に直面するときも来るだろう。

夢と現実の狭間に思い悩む日が来るかもしれない。

そんなときに「世界の広さ」を知っていれば、ちっぽけな悩みを笑い飛ばせる勇気を持てるはずだ。

“世界の広さ”。

それは親が教えることではなく、自分が経験してこそ初めて気づくことでもある。

“夢があふれる世界”。

夢や目標があることで人生は光り輝き、忙しく駆けずり回る日々でさえ面白くなる。

では、親子の教育とは?

まずは目の前にある人生を生き抜くために、日々走り回らなければいけないということ。

その対価として得られるものがあるということ。

物事に本気で取り組み続ければ、きっと輝かしい未来のドアが現れるということ。

夢と現実、光と影、

そういった相対する善悪的なものがあるとすれば、それらは自分が作り出せるということ。

自分を信じて光を当て続ければ、きっと輝かしい未来がやってくる。

だから光の当て方を学ぶのだ。

そう、俺のカメラアシスタントとして。

そして彼はこの日、「ちとせ飴」という対価を得た(笑)